コラム

コミュ障でもチャットレディはできますか?

投稿日:

コミュ障でもチャットレディはできますか?

チャットレディはいくら画面越しとはいえ対人のお仕事なので、コミュ障でもできるのかと不安に思ってしまうこともありますよね。
実はチャットレディはコミュ障でも問題ありません。ちょっとしたコツを押さえればきちんと稼ぐことができるようになります。

コミュ障がチャットレディに挑戦するときのコツ

自分はコミュ障であると思っている方は、以下のポイントを押さえることで立派にチャットレディとして働くことができるようになります。

相手の話を上手に聞く

コミュ障である人の場合、会話が途切れる空白の時間を嫌ってついつい矢継ぎ早に話題を振ってしまうことが少なくありませんが、実はこれはよくありません。天気の話をしていたと思ったら食事の話になるといったような急な話題の変更は、相手も自分も疲れてしまうのです。
一つの話をなるべく膨らませるようにすることが大切ですが、その話術がないからコミュ障なのだという人もいることでしょう。そのような人は相手の話をきちんと聞き、笑ったり驚いたりと的確なリアクションを返すだけで大丈夫です。
特に男性は自分の話を聞いてもらい、共感や尊敬してもらいたいという人が多い傾向にあるため、上手に話を聞くことができれば十分チャットレディとして働くことができます。

事前にメモを作っておくのも有効

相手の話を聞いていればいいとはいえ、相手から話を振ってくれないこともあります。
そのようなときに備えて話を膨らませやすい事柄をまとめたメモなどを用意しておくと、いざというとき焦らずに対処できるでしょう。
同じ質問でも、このように質問したら相手はこのように返してくるというのを数パターン作っておけば、対応できるシーンがぐっと増えるのでおすすめです。

-コラム

Copyright© チャットレディのお仕事の波を上手く乗りこなしていくために , 2020 All Rights Reserved.